我が国に根ざす賊を監視・糾弾する

帝國政治観測所

迷走する造反組の処遇 | main | 人によりて手法によらない信者達
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
北朝鮮制裁決議について
読者諸氏もご存知の通り、国連安保理でも北朝鮮制裁決議が全会一致で採択された。
国連安保理、北朝鮮制裁決議を採択・全会一致で


【ニューヨーク=米州総局】国連安全保障理事会は14日午後1時46分(日本時間15日午前2時46分)、核実験実施を発表した北朝鮮への初の制裁決議を全会一致で採択した。

 制裁項目のうち、周辺地域の緊張を高めかねないとの理由から中国などが修正を求めていた「船舶検査」については、強制力を弱めた表現とした上で残した。北朝鮮の発表から1週間足らずという異例の早さで制裁発動の枠組みが出来上がった。

これを受けて、安倍内閣は追加制裁をすると、随分と強気のようだ。
首相、制裁決議を評価・追加的措置も検討


 安倍晋三首相は15日午前、国連安全保障理事会での北朝鮮制裁決議採択を受けた今後の対応について「既に検討しているが、さらに最終的な決断をしていきたい」と述べ、日本政府として金融制裁拡大などを念頭に追加的措置を講じる意向を表明した。JR東京駅で記者団の質問に答えた。

 首相は決議採択について「北朝鮮に対し、核の保有を許さないという強いメッセージを出すことができた」と評価。その上で、今後の政府の取り組みについて「国際社会とともに核の保有、拡散を阻止するための対応を取っていく」と強調した。

 麻生太郎外相は同決議採択を歓迎する談話を発表し、北朝鮮に対し「国際社会の強い懸念を真剣に受け止め、問題解決に向けて具体的な措置をとらなければならない」と即時の核放棄など決議に基づいた取り組みを要求。その上で「わが国は、決議の着実な実施に向けて最善の努力を尽くす考えだ」と指摘した。

まだ追加制裁の全容などはハッキリしていないようだが、首相である安倍本人がその恩恵を受けるパチンコ屋や、サラ金業界が支援している国務大臣達と言う汚らわしい内閣が、北朝鮮の財源とも言われるパチンコ屋やサラ金を締め上げるはずもない。
読者諸氏は当然御存知の事と思うが、パチンコ屋もサラ金も在日朝鮮人が創業・経営している事を念のため追記しておく。
特にパチンコ屋は総連系の店が非常に多いため、北朝鮮の主な財源として有名である。

筆者の考えに賛同できる方は、ついでにクリック宜しくお願い致します。
政治blogランキングへ政治blogランキングへ投票宜しくお願い致します。
ところで、筆者の巡回するサイトの1つである毒蛇山荘日記の山崎行太郎氏が、安倍内閣は北朝鮮にも土下座するのがオチであると断罪している。
先の日中首脳会談では支那のトップがご満悦なのは、支那寄りで有名なキッシンジャーが評価している事からも理解できるし、この記事を見れば理解できる。
安倍首相が中国の胡主席と初会談


 安倍晋三首相は8日午後(日本時間同)、北京の人民大会堂で中国の胡錦濤国家主席と就任後初めて会談した。両首脳は冷却化した日中関係を改善させ「さらに高度な次元に高めていく」ことで一致、国際的課題で日中の共通利益を追求する「戦略的互恵関係」の構築への努力を確認した。安倍首相は自らの靖国神社参拝に関し、参拝するかどうかは言及しないとした上で「政治的障害克服の観点から今後は適切に処理したい」と表明した。

 両首脳は北朝鮮の核実験実施声明に対し「深い憂慮の念」を持つことで一致、中国側は北朝鮮に実験抑制を働き掛ける考えを示した。

 日中首脳会談は昨年4月以来で約1年半ぶり。戦後の歴代首相で中国を最初の訪問先に選んだのは初めて。両国は小泉純一郎前首相の靖国参拝で悪化した関係の改善に向け一歩踏み出した。

 安倍首相は胡主席と温家宝首相の訪日を招請、両氏は同意した。11月のアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議、12月の東アジアサミットの場で再会談することでも合意した。

 日中共同歴史研究を年内に立ち上げることも確認。両政府は、首脳会談後に共同プレス発表を出し「日中関係の健全、安定的な発展を推進する」として「歴史を直視し、未来に向かい、政治と経済という2つの車輪を力強く作動させ、日中関係をさらに高度な次元に高めていくことで一致した」と表明した。

 安倍氏は、歴史認識について「アジア諸国の人々に多大な損害と苦痛を与え、傷跡を残したとの反省に立っている」と表明。中国側は靖国参拝に関して「小泉前首相の参拝は中国とアジアの感情を傷付けた」と指摘した。北朝鮮による日本人拉致事件解決に協力していく考えも示した。

 胡主席との会談に先立ち、安倍首相は温首相とも会談。温首相は会談冒頭、「両国の努力で政治的障害を克服し友好関係を発展させることで最近合意した」と首脳会談受け入れの理由を説明、「友好関係発展は両国人民の利益に合致する」と述べた。安倍首相は歓迎に謝意を示した。


また、北朝鮮は実に絶妙な時期に核実験騒動やミサイル発射騒動を起こしているが、SOBA氏が作った以下のバナーを裏付けるかのようだ。

安倍=文鮮明=金正日のライン成立?


また、ソースが東京新聞と言うのが気にいらないが、このような社説すらある。
物騒な“応援”は要らない


 安倍晋三首相を誕生させた最大の功労者は北朝鮮の金正日総書記…という説がある。となると、今回の「核実験」は何なのか。

 安倍首相の初外遊である中韓首脳との会談にぶつけたような、えげつないタイミングだ。もっとも、会談では眼前で起きた危機への対処が最重要課題に浮上し、最大の懸念だった靖国参拝、歴史問題など「過去」の影は薄くなってしまった。かくして初顔合わせは無事すんだともいえるが、あまりにきなくさい。

 確かに、安倍さんは北朝鮮抜きには語れない。世間に名を知られたのは早くからの拉致事件への取り組みだった。二〇〇二年九月の小泉訪朝に同行し、「総書記の謝罪と説明がない限り共同声明は考え直すべきだ」と進言し、その硬骨漢ぶりが被害者家族や世間から信頼を得た。

 ここ十年ほどの度重なる北朝鮮のミサイル発射、核開発の露見は日本人のナショナリズムをいたく刺激し、強硬対応の先頭に立つ安倍支持の世論を盛り上げた。

 安倍首相は、就任直後とあってか、持論を引っ込めて、「侵略戦争」「従軍慰安婦」の政府見解を認めるなど、安全運転を心がけている。しかし、今回の核実験は、安倍首相の対北圧力重視路線を際だたせるのは間違いない。

 そして、タカ派傾向の強いブレーンや取り巻きを勢いづけて、従来の主張である集団的自衛権行使、対等な日米同盟、憲法改正、国権強化への動きを刺激しかねない。さらには核武装論までも。

 金総書記には直ちに物騒な“応援”を中止するよう強く求めたい。その先には「美しくない日本」がちらちらするからだ。

非常にひどい内容の社説ではあるが、この社説から筆者が読んだのは、河野談話・村山談話を認めても、北朝鮮にだけ強気に出ていれば、差し引きで保守と呼ばれる連中の溜飲を下げる事ができると思っているらしいと言う事だ。
ここまでなめられて、なお黙っている事に理解できない。

さて、極東三国に対して強硬な姿勢を求める自称保守諸君は、本当にこれで良いと思っているのだろうか?
普段の彼等の主張から非常に逸脱した姿勢を、安倍政権は取った訳だ。
これでなおその姿勢に支持出来る彼等の方が不思議である。
スポンサーサイト
| 狂想的極東ワルツ | 19:18 | トラックバック:1コメント:0
コメント
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://empire2nd.blog79.fc2.com/tb.php/3-b88eca9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
さすが先見性のある証券市場!安保理は軍事制裁を伴わない制裁決議!
それにしても、核実験以来、株式市場はニューヨークを中心に東京市場も大きな下げを伴っておらず、相場の先見性には、あらためて敬服するばかりです。
| 株投資で稼ぐ!プラチナ情報 | 2006.10.16 Mon 08:58
| ホーム |

プロフィール

諸行無常

Author:諸行無常
我が国を憂える在野の士。
国を蝕む者達を監視し、徹底糾弾する。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
人権擁護法案反対! 国民総犯罪者化計画反対! 外国人の日本乗っ取り作戦にNO!
ネタ人生ですよバナー 頭の中だけ同盟 消失同盟
無気力人間同盟 ぐーたら 遅筆同盟 音速で脱力するところ。 時間のないサイト運営者リング
やる気のないサイトリング
マンドクサいサイトリング
キッズgooはじかれサイト同盟
社会不適合サイトリング
日本放置協会。略してNHK。
日本放置協会は放置される側の団体です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。